IR実施状況等

投資家情報経営方針

IR実施状況等

投資家・アナリストの皆さまとの
対話実施状況等

2022年度 主なIR活動

当社は、機関投資家・アナリストの皆さまに向けて、半期ごとに決算説明会を開催しています。また、個別取材やミーティングに随時対応しているほか、証券会社主催のカンファレンスにも積極的に参加して、投資家の皆さまとの直接のコミュニケーション機会の拡充を図っています。
これらの取り組みにより、投資家・アナリストの皆さまに、当社の経営戦略・経営計画等をご理解いただけるよう努めるとともに、投資家・アナリストの皆さまとの建設的な対話によって得られた意見や懸念等を経営の改善に生かして、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に繋げてまいります。

主なIR活動 回数 主な対応者
決算説明会 2回 代表取締役社長、担当役員、担当執行役員
個別取材・ミーティング 284回 担当執行役員、担当統括部長、IR室長、IR室担当
証券会社カンファレンス 11回 担当執行役員、担当統括部長、IR室長
社長スモールミーティング 1回 代表取締役社長、担当執行役員
海外IR 2回 代表取締役社長、担当執行役員
事業説明会 1回 事業部門担当役員、担当執行役員
事業見学会 2回 事業部門担当
個人投資家説明会 1回 代表取締役社長

投資家・アナリストの皆さまとの対話の主なテーマ・関心事項

2022年度の投資家・アナリストの皆さまとの対話における主なテーマや関心事項は、以下の通りでございました。

  • 中期経営計画における成長戦略、財務目標達成の蓋然性
  • 事業ポートフォリオマネジメント・事業構造改革の進捗状況
  • 建築費・エネルギーコスト・金利上昇の事業への影響
  • 各事業(オフィス・分譲住宅・仲介・不動産売買等)のマーケット環境と当社状況
  • ホテル・商業施設等におけるコロナ影響からの回復状況
  • 再生可能エネルギー事業の成長戦略
  • 海外事業の状況と今後の方針
  • 株主還元方針

投資家・アナリストの皆さまからの意見・懸念等の経営層等へのフィードバックの実施状況

投資家・アナリストの皆さまとの対話により得られた意見や懸念等について、経営陣幹部への情報共有を随時行っているほか、当社取締役会への定期報告(2022年度2回実施)や、主要子会社の経営会議への定期報告(2022年度2回実施)を実施しています。

  • Daiwa Investor Relations Internet IR 最優秀賞2023
  • Gomez IRサイト総合ランキング銀賞(2023年)
  • 日興アイ・アール株式会社「2023年度全上場企業ホームページ充実度ランキング調査 総合部門最優秀表彰獲得」
  • CDP ALIST 2023
  • 健康経営優良法人 2023
  • DX銘柄2023
  • 東急不動産の外部評価・受賞一覧
  • SHIBUYA ECOSYSTEM POWERED BY 東急不動産
  • 東急こすもす会
  • 東北すぐれものセレクション
  • 熊本うまかもんセレクション