900億円/2.3 2022年度の目標(営業利益およびDEレシオ)
2022年度は、営業利益900億円、DEレシオ2.3倍を目標としています。
90% オフィスビルの都心4区比率
オフィスビルの都心4区比率東急不動産が保有するオフィスビルの90%が、東京の都心4区(千代田区、中央区、港区、渋谷区)にあります。
※2022年3月31日現在
1.3% 空室率
オフィスビルや商業施設の空室率は低く、堅調に推移しております。関東・関西地区を中心に需要が強い状況で、築年数の浅い建物が多く、スペックが良いため、空室率を低く抑えることができています。
※2022年3月31日現在
1,578,910m2 オフィスビル・商業施設 総延床面積
東急不動産が保有するオフィスビルや商業施設の総延床面積は、46.3%がオフィスビル、53.7%が商業施設で構成されています。
※2022年3月31日現在
2,194 マンション計上戸数
東急不動産が2021年度に分譲したマンション計上戸数です。分譲マンションは、BRANZブランドで、首都圏や関西エリアを中心に供給しています。
※2022年3月31日現在
528千戸 マンション総合管理戸数
東急コミュニティグループが、マンションやビル等を管理しています。
※2022年3月31日現在
28,750 売買仲介取扱件数
東急不動産グループで仲介事業を行っている東急リバブルグループは、日本でも有数の取引件数を扱っています。
※2022年3月31日現在
  • Network Japan WE SUPPORT
  • FTSE4GOOD
  • FTSE Blossom Japan
  • GRESB PUBLIC DISCLOSURE 2017
  • MSCI Japan ESG Select Leaders Index
  • Dow Jones Sustainability Indices
  • Daiwa Investor Relations Internet IR 優秀賞2021
  • 2021年度全上場企業ホームページ充実度ランキング調査 総合ランキング最優秀企業
  • Gomez IRサイト総合ランキング金賞(2021年)
  • CDP ALIST 2021
  • 健康経営銘柄
  • DX認定
  • 東急不動産の外部評価・受賞一覧
  • SHIBUYA ECOSYSTEM POWERED BY 東急不動産
  • 東急不動産ホールディングスグループの復興支援プロジェクト
  • 東北すぐれものセレクション
  • 熊本うまかもんセレクション