主な事業概要

私たちは、グループの幅広い事業や人財の多様性を活かして、都市開発事業、戦略投資事業、管理運営事業、不動産流通事業の4事業を展開しています。

  • 都市開発事業

    オフィスビル・商業施設/住宅分譲/賃貸住宅開発(賃貸マンション・学生レジデンス)

  • 戦略投資事業

    再生可能エネルギー発電施設/物流施設/海外(北米・アジア)/投資マネジメント

  • 管理運営事業

    マンション管理/ビル・施設管理/リフォーム工事/貸会議室/ホテル/レジャー/ヘルスケア/環境緑化

  • 不動産流通事業

    仲介(売買・賃貸)/販売受託/不動産販売/不動産ソリューション/賃貸住宅管理

事業エリア

主な国内施設・店舗

事業エリア

主な事業エリア

施設 単位 首都圏 ※1 関西圏 ※2 その他 合計
オフィスビル 48 1 0 49
商業施設 施設 23 7 0 30
物流施設 施設 2 2 0 4
都市型ホテル 施設 19 4 8 31
リゾート施設 施設 4 6 26 36
ゴルフ場 施設 7 0 8 15
スキー場 施設 0 0 7 7
シニア住宅 施設 15 0 0 15
フィットネス 店舗 22 10 0 32
東急リバブル 店舗 139 41 30 210

(2023年3月末現在)

※1. 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を含みます
※2. 大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県を含みます

主な海外拠点

東急不動産ホールディングスグループの海外事業

東急不動産ホールディングスグループの海外事業

中国 上海 01 東急不動産諮詢(上海)有限公司(東急不動産)
台湾   02 東急房地産股 有限公司(東急リバブル)
パラオ   03 Pacific Islands Development Corporation(東急不動産)
ベトナム   04 Tokyu PM Vietnam CO., LTD(東急コミュニティー)
05 NOZOMI RESIDENTIAL MANAGEMENT JSC(東急コミュニティー)
シンガポール   06 Tokyu Land Asia Pte. Ltd.(東急不動産)
07 OT GROUP PTE. LTD.に資本出資(東急リバブル)
インドネシア ジャカルタ 08 PT. Tokyu Land Indonesia(東急不動産)
09 PT. Tokyu Property Management Indonesia(東急コミュニティー)
アメリカ ロサンゼルス 10 Tokyu Land US Corporation(東急不動産)
11 Tokyu Livable US, Inc. (東急リバブル)
ニューヨーク 12 Tokyu Land US Corporation ニューヨークオフィス (東急不動産)
ダラス 13 Tokyu Livable Texas Investment Advisors, LLC (東急リバブル)

(2023年3月末現在)

数字で見る
東急不動産ホールディングス

多様なアセットと多彩なお客さま

グループ運営施設数

205 施設

お客さま接点

1,820(※)

  • テナント企業数(オフィス)

    508
  • テナント企業数(商業)

    1,387
  • マンション総合管理受託戸数

    52.5万

マンション管理会社(単体)
総合管理受託戸数(約50.2万戸)
(出典:マンション管理新聞 2023.5.25号)

1

  • 売買仲介取引件数

    3.0万

2022年度
売買仲介取引実績(取扱件数)
(出典:週刊住宅 2023.5.29号)

3

ほか

※福利厚生代行会員、商業施設アプリ・カード会員、フィットネスクラブ会員、BRANZ CLUB会員、東急こすもす会会員、東急ハーヴェストクラブ会員など

専門性の高い人財とノウハウ

グループ従業員数
(臨時雇用を含む)

30,000

外部知見の獲得とグループ内ノウハウ共有

有識者を招いた自己啓発セミナーや、各事業の相互理解促進とグループ連携の強化を目的とした社員講師セミナーなどを開催

累計111回開催延べ参加者数

14,728

有資格者数

12,200

  • 一級・二級建築士

    716
  • 宅地建物取引士

    5,648
  • 管理業務主任者

    2,375
  • マンション管理士

    1,943
  • 介護福祉士

    561
  • ITパスポート

    937

ユニークな事業を生み出す風土

再生可能エネルギー事業

「ReENE」

2023年11月末現在

  • 定格容量

    1,710MW
  • 総事業数

    99施設
  • CO₂削減量

    1,636千t-CO₂/年

グループ共創型による
社内ベンチャー制度
「STEP」

2019年度開始

  • 応募件数

    累計253
  • 事業化決定

    3

コーポレート・ベンチャー・キャピタル

2017年度開始

  • 投資件数

    累計34

2022年度 営業利益構成率

営業利益構成率

2022年度の営業利益は、1,104億円で前年度比31.7%増となりました。堅調な不動産市場を背景とした売買マーケットや分譲マンションの好調、行動制限や水際対策の緩和によるホテル事業の回復等により増益となりました。

2022年度 営業収益構成率

営業収益構成率

2022年度の営業収益は、10,058億円で前年度比1.7%増となりました。都市開発事業、戦略投資事業、不動産流通事業の3セグメントで増収となりました。なお、管理運営事業における減収は、東急ハンズの全株式譲渡に伴い、前期末より当社の連結範囲から除外されたこと等によるものです。

サステナビリティページへ

  • Daiwa Investor Relations Internet IR 最優秀賞2023
  • Gomez IRサイト総合ランキング銀賞(2023年)
  • 日興アイ・アール株式会社「2023年度全上場企業ホームページ充実度ランキング調査 総合部門最優秀表彰獲得」
  • CDP ALIST 2023
  • 健康経営優良法人 2023
  • DX銘柄2023
  • 東急不動産の外部評価・受賞一覧
  • SHIBUYA ECOSYSTEM POWERED BY 東急不動産
  • 東急こすもす会
  • 東北すぐれものセレクション
  • 熊本うまかもんセレクション