東急不動産ホールディングスグループでは、
2016年より熊本地震の
復興支援活動を継続しています。

地域とともに歩んできた
阿蘇復興への道のり

2016年4月14日に発生した熊本地震により、当社グループが経営する阿蘇東急ゴルフクラブは、クラブハウスが全壊したほか、進入路の崩落、コース内の地割れ・土砂流入、コース間の橋脚やグリーンの損傷、主要アクセスを担う阿蘇大橋の崩落など、甚大な被害を受けました。

阿蘇地方一円に大きな被害をもたらしたこの震災から立ち直るため、私たちは地元の皆さまとともに復旧復興を続けてきました。

阿蘇復興への道のり 地域とともに歩んできた3年間

阿蘇復興の道のり地域とともに歩んできた3年間

ご協力いただいた皆さまのご尽力により、2018年7月にゴルフ場の営業を再開、2019年4月にはグランドオープンを果たすことができました。2021年3月には、全壊したクラブハウスに代わり、隣接する建物を新しいクラブハウスとしてリニューアルし、客室、テラス、大浴場、会議室などを備えたリゾート施設「阿蘇キャニオンテラス&ロッジ」をオープンしました。私たちはこれからも地元の皆さまとともに復興の歩みを進め、地域活性化に貢献していきます。

主な取り組み

みなみあそ復興マラソン大会

2019年12月1日、「第1回みなみあそ復興マラソン大会」が開催されました。同大会は「南阿蘇村から感謝を届けるとともに南阿蘇村にさらなる元気を」をコンセプトに、その復旧復興の現状を多くの皆さまに感じてもらい、今後も引き続き行われる復旧復興への活力と地域の活性化、地域住⺠並びに大会参加者の健康増進と親睦・融和を深めることを目的としています。

阿蘇東急ゴルフクラブとともに震災当初から復興支援を行ってきた東急不動産ホールディングスは、同大会の意義に賛同し、協賛を実施しました。

会場内では、東急リゾートサービス、阿蘇東急ゴルフクラブ、東急ハンズの協力でブースも出店し、南阿蘇の廃木から生成したオリジナルアロマやオリジナルノベルティなどを配布するほか、マラソン出走者の皆さまにミネラルウォーターを無料提供し、喜んでいただくことができました。
阿蘇東急ゴルフクラブとともに震災当初から復興支援を行ってきた東急不動産ホールディングスは、同大会の意義に賛同し、協賛を実施しました。

第1回みなみあそ復興マラソン大会

みなみあそ復興マラソン

阿蘇はちみつプロジェクト

東急不動産ホールディングスと阿蘇東急ゴルフクラブでは、全壊した旧クラブハウス跡地の有効活用策として、被災した地元養蜂家とともに、はちみつ作りを行う取り組みを実施しています。

2017年より企画を具体化し、2018年に地元で被災した養蜂業者にはちみつの巣箱設置場所を無償提供。花畑への種まき、巣箱の設置、採蜜を経て、採取されたはちみつの一部を譲り受ける形で、南阿蘇で育てたはちみつ「asohachi」が完成しました。種まき、採蜜には地元の子どもたちに協力してもらい、ラベル貼りとパッケージの組み立ては社員ボランティアを募って実施しました。

南阿蘇で育てたはちみつ

南阿蘇で育てたはちみつ

2020年には120g瓶で約1,200個分の採蜜を行い、販売用に「asohachi」を製品化。阿蘇東急ゴルフクラブの売店、東急リゾーツ&ステイの通販サイト「逸品おとりよせ」のほか、ふるさと納税返礼品(2021年)としても提供されています。

熊本うまかもんセレクション

東急不動産ホールディングスと東急リゾートサービス(当時)は、東急リゾートサービスが運営する通販サイト「逸品おとりよせ」内に、2016年10月3日から熊本地震で被災された地域を中心とした商品の販売ページ「熊本うまかもんセレクション」を設置し、熊本の逸品をインターネットで販売開始しました。

「熊本うまかもんセレクション」は、地元熊本の阿蘇東急ゴルフクラブのスタッフが中心になって企画を手がけており、商品の選定や各種ツールのイラスト作成なども行い、熊本地震で被災された阿蘇周辺の特産品を中心に熊本の“うまかもん”を取り扱っています。

売上の一部を寄付

「逸品おとりよせ」における本取り組みの売上(税抜)の1%相当額を、サイト運営者である東急リゾートサービスを通じ、復興支援活動に寄付します。

グループ各社が持つリソースを活用した
地元名産品の販売支援

通販サイト「逸品おとりよせ」での販売だけでなく、グループ各社の販路を活かして、東急ハーヴェストクラブの売店やゴルフ場・スキー場の売店、その他関連施設の店頭などでも販売しています。また、インターネットでの販売促進を図るため、東急不動産ホールディングス各社のホームページなどにバナーを設置し、多くのお客さまの目に触れるように工夫しています。

その他の取り組み

グループ従業員への啓蒙活動

熊本地震における取り組みは他にも、東急不動産本社1階に「くまモン」の懸垂幕を設置したほか、グループ従業員向けのイベント「ファミリーデー」では、熊本のご当地メニューを揃えました。

商業施設でのブース出展

横浜市の商業施設「ノースポートモール」では九州物産展を開催し、1,700名のお客さまが商品を購入、売上の3%およびお客さまからの義援金を日本赤十字に寄付しました。