株主還元(配当等)

利益還元方針

当社は、株主に対する利益還元を最重要政策のひとつとして考えており、業績並びに今後の経営環境、また中長期開発をはじめとする資金需要等を総合的に勘案し、中長期経営計画「Value Frontier 2020」において、安定的な配当政策を継続維持しつつ、25%以上の配当性向を目標として利益配分を決定する方針としております。
2016年3月期の配当については、中期経営計画における方針を踏まえた上で、平成28年3月期決算における親会社株主に帰属する当期純利益の水準を考慮し、当初計画から1円増額の1株当たり6.5円(年間配当金12.0円)を実施する事を決定しました。その結果、当期の配当性向は25.4%となります。
また、次期配当につきましては、第2四半期末配当金を1株当たり6.5円、期末配当金も1株当たり6.5円とし、年間配当金は1円増配の1株当たり13.0円、配当性向は25.1%を予定しております。

※東急不動産ホールディングスは2013年10月1日設立のため、2014年3月期第2四半期以前については東急不動産のデータを掲載しております。

1株当たり配当金の推移

(単位:円)

  2013/3 ※2014/3 2015/3 2016/3 2017/3
(予想)
中間 3.5 3.5 5.0 5.5 6.5
期末 3.5 4.5 5.0 6.5 6.5
年間 7.0 8.0 10.0 12.0 13.0

上記期間内に株式分割は実施しておりません。

自己株式の取得等の状況

・第3期(2016/3)
(1)株主総会決議による取得の状況
 該当事項はありません。
(2)取締役会決議による取得の状況
 該当事項はありません。
(3)株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容

当該年度 株式数 (千株)
第3期(2016/3) 5

・累計(2016/3時点)

累計 株式数 (千株)
第3期(2016/3時点) 32,064
ページトップへ