IRポリシー

1.IRに関する基本方針

当社グループは、株主・投資家の皆さまに公平かつ適時、正確な情報開示を目指しております。情報の開示にあたっては、関係法令及び証券取引所規則等を遵守するとともに、当社グループの経営戦略及び財務情報や業績状況等に関する情報を適時・適切に開示してまいります。また、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するため、株主・投資家の皆さまとの建設的な対話に取り組んでおります。

2.情報開示に関する方針 

①開示基準
当社グループでは金融商品取引法等の関係法令及び東京証券取引所の定める適時開示規則に従って開示をおこなっております。また、当社グループが開催する決算説明会での発表内容をはじめ、関係法令に該当しない情報についても当社をご理解いただくうえで有用と判断される情報については可能な範囲で開示いたします。

②開示方法
適時開示規則に基づく開示事項に該当する情報開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)への登録にて開示しております。また、有価証券報告書等の開示書類は、金融庁による電子開示システム(EDINET)を通じて公表しております。
証券取引所の提供する適時開示情報伝達システムで公開した情報は、当ホームページにて、速やかに公開することとしております。それ以外の情報についても、適時開示の趣旨を踏まえた適切な方法で、当該情報が投資家の皆さまに伝達されるよう努めております。

③沈黙期間
決算発表準備期間中に、株価へ影響のある情報が漏洩することを防ぎ情報開示の公平性を確保するため、各四半期決算日の翌日から当該四半期決算発表までの期間を「IR活動沈黙期間」としております。この期間は、決算に関するお問い合わせへの回答やコメント等を控えさせていただきます。ただし、この期間中に業績予想を大きく修正する見込が発生した場合には、原則として適時開示規則に基づき開示することといたします。

④社内体制図

3.株主との建設的な対話に関する方針 

①対話に関する担当役員
当社は株主・投資家の皆さまとの建設的な対話を促進するために、グループ財務部担当役員及びグループ総務部担当役員が連携して取り組んでおります。
また、必要に応じて合理的な範囲で、社長及び担当役員が株主・投資家の皆さまと対話を行うことにより、理解促進を図るよう努めております。

②担当部署及び関連部門との連携
グループ財務部にIRグループを設置し、IR活動を担当しており、総務、経営企画等の関連部門との連携を図り、社長、担当役員、担当による、株主・投資家の皆さまとの建設的な対話を円滑に実行してまいります。

③対話の手段の充実に関する取組み
株主・投資家の皆さまとの個別面談を積極的に取り組むほか、社長が出席する機関投資家・アナリスト向け決算説明会を定期開催し、その資料を当社ウェブサイトに掲載しております。
また、個人投資家向け説明会に関しても今後取り組んでまいります。

④フィードバックのための方策
対話から得られた株主・投資家の皆さまの意見や懸念等を経営層が出席する会議等に定期報告しております。経営層が株主・投資家の皆さまの指摘を把握することで経営の改善に生かし、当社グループの中長期的な企業価値の向上を図ってまいります。

⑤インサイダー情報の管理に関する方策
当社は「内部者取引防止規程」に従い、インサイダー情報を管理しております。株主・投資家の皆さまとの対話に際しても、インサイダー情報の管理を徹底しております。

以上

ページトップへ