グループの取り組み 東日本大震災復興支援 東日本大震災復興支援レポート

グループの取り組み

東日本大震災復興支援

東急不動産ホールディングスグループでは、
2011年より東日本大震災の復興支援活動を継続しています。

いま、私たちが思うこと

私たち東急不動産ホールディングスグループは、約60年前の創立時から
「チャレンジ精神」と「お客さまへの思い」を大切にしてまいりました。
街をつくり、単なるモノの提供を超えて人々がより豊かに暮らすことができる社会の実現に向け、社会的課題を克服することに情熱を傾けてきたのです。

そして2011年3月11日の東日本大震災。

私たちは即座にグループとしてできることを検討し、全力を挙げて迅速に支援活動に取り組む “被災地支援プロジェクト” を発足しました。プロジェクトにはグループ横断による従業員有志のボランティアが中心に活動を。

これからも、変化し続ける被災地のニーズに合わせ、今できる事を限りなく速やかに実行し、グループの幅広い事業領域を活かした支援活動を継続して取り組んでいきます。

いま、私たちが思うこと

東急不動産ホールディングスグループ
復興支援プロジェクト日本中に笑顔があふれますように。

キャッチコピーにこめた思い

東急不動産ホールディングスグループ一丸となって、日本を元気に!
そして日本中に笑顔があふれるように!
という想いをこめ、震災復興プロジェクトを進めてまいります。

復興支援プロジェクト

東北すぐれものセレクション

東急不動産ホールディングスグループでは、陸前高田市における有志社員によるボランティア活動や、福島県で被災した子どもの “こころのケア” を目的として行われている「みどりの東北元気キャンプ」の運営支援など、東日本大震災復興支援活動を2011年から様々な形で行ってまいりました。その中で震災から5年が経過する2016年3月11日を迎えるにあたり、当社グループの販路を活用した新たな取り組みを事業活動の一環として展開いたします。
これは、ボランティアを派遣してきた農園が生産するリンゴジュースや、漁協の海産物を加工した甘露煮など、陸前高田市や気仙沼市を中心とした東北地方で製造・製作されている食品や工芸品、雑貨などの良品を開拓・発掘し、「東北すぐれものセレクション」として専用ホームページで販売するものです。この取り組みを通じ、全国の皆さまが東北地方のすぐれた商品と知り合うきっかけの一助になればと考えております。

東北すぐれものセレクション

みどりの東北元気キャンプ

みどりの東北元気キャンプは、野外活動家と臨床心理士が集まり、福島県を中心に被災した子どもの「こころのケア」を目的として裏磐梯の小野川湖畔で行われているプログラム。東急不動産ホールディングスグループは本プログラムにおいて、2011年の7月の第1回目以降、毎年春夏に、スタッフへの宿泊施設や各種機材の提供、ボランティアによる現地での写真撮影などの運営支援を行っています。

みどりの東北元気キャンプ

世界一、心が温まるキャンプを。みどりの東北元気キャンプ 2014夏(2014年8月21日~8月24日)

世界一、心が温まるキャンプを。みどりの東北元気キャンプ 2014夏(2014年8月21日~8月24日)

陸前高田市でのボランティア活動

グループ社員より有志を募り、陸前高田市において過去5年間で延べ500人以上のグループ社員がボランティア活動を行ってきました。活動内容は、当初ガレキの撤去や草刈り等を中心に行ってきましたが、2014年から農業や漁業の支援に切り換わるなど、時間を経て変化しています。

陸前高田市でのボランティア活動

2014年度 第1回・陸前高田ボランティア(2014年7月25日~27日)

2014年度 第1回・陸前高田ボランティア(2014年7月25日~27日)

銀座発の復興応援プロジェクト

2011年10月より、「東日本復興応援プロジェクトfrom 銀座」として、東急不動産(株)保有の銀座TSビル1、2階を提供。茨城県の農産物を扱うアンテナショップや宮城県気仙沼市を始めとした沿岸被災地域の特産品を扱う「銀座いきなり市場」、東北の食材を用いた「銀座つながる食堂」などが出店したほか、同スペースにおいてチャリティーイベントの企画を支援しました。同ビルは2012年8月に建物解体に伴い閉館しましたが、本取り組みは、2013年3月以降、「やっぱ銀座だべ」プロジェクトへと発展し、当社は気仙沼を始めとする沿岸地域の商工会議所等や銀座における各種団体に協力し、交流イベントや経済復興を支援しています。

銀座発の復興応援プロジェクト

ギャラリー

ギャラリー